他国の大統領にも食べたいと言わせた神戸牛

世界にも評価される神戸牛の歴史や秘話を調べよう

他国の大統領にも食べたいと言わせた神戸牛

肉

神戸牛は世界的に有名

神戸牛は日本の三大和牛と呼ばれる和牛の1種です。外国からの知名度も大変高く、「日本に来たら神戸牛とマグロが食べたい」と言われるほど、食の世界でも賞賛されています。また、世界で最も高級な食べ物の中にランクインするほどです。

肉

神戸牛の土台とされる但馬牛とは

但馬牛は、神戸牛だけでなく、松阪牛、近江牛など、三大和牛の共通点とも言われている牛です。この牛は、日本に古くからいる種類で、田畑を耕すだけにとどまらず、食用としても適していると評価され、徳川将軍にも献上されたほどです。平安時代から多くの時の権力者に愛された至高の和牛とも言われています。

お肉

贈り物にも喜ばれる神戸牛

神戸牛はお中元やお祝い事に人気の品となっています。また、神戸牛を取り扱う多くの店が老舗と呼ばれる企業のために、多くの経験と実績を伴っている事が多いです。そのため、お客さんに寄り添える大きな心構えも持ち合わせているとされています。

肉

味は同じで格安のお徳用

多くの商品で耳にするお徳用ですが、神戸牛にもあります。他の肉よりも形が崩れてしまった、均一の細切れでないという理由から、通常よりも安くなって提供されるのがお徳用です。神戸牛の味をそのままに、格安で手に入るのは、本当にお得です。

神戸牛の部位を比較することで美味しさを追求

肩ロースの中で最も美味しいとされるハネシタ

肩ロースとは、牛肉でも最も大きな部位になります。風味もあり、薄切り肉に最適な肩ロースの中でも、「ハネシタ」は別名ザブトンと呼ばれ、サシはあるが、上品な味わいが特徴です。とろけるような食感とコクのある味わいあります。

王の称号を得る言わずと知れた肉の王様サーロイン

肌理の細かな脂が入っていて、肉の王様と呼ばれています。その名前にも王の称号を入れることで、最高級部位であることを示す「サーロイン」は、ステーキとして肉本来の味わいを楽しむことが多いです。

広告募集中